楽器づくり&音楽ワーク!!

音結3周年記念事業平成24年8月19日

外出の機会の少ない方を対象に、音楽を通して楽しい一日を過ごしていただくことでした。
地域府民の音楽好きな方、障がいの有無、年齢・性別・国籍に関係なく全てのかたに楽しんで頂けるように様々に趣向を凝らしました。

総参加数はジャスト100名!! 好評のうちに終了しました。

午前中は、守山鷲声氏による竹を使ってカッコー笛と竹すず作り
午後は、舞台演出(大型紙芝居、ほぐし体操、歌声のつどい、ベル&トーンチャイム演奏、リズムあそび)
その他、施設と事業所の協力によりバザーなどの出店もありで
参加者は、お買い物の楽しさも満喫できたようです。

【アンケートから感想の抜粋】
音楽ワークでは、子どもがホースの楽器を気に入って楽しそうに鳴らしていた。
子どもがウッドベースが気に入り、積極的に参加した。
講師の演奏で癒された。
講師の演奏中、障がいのある子も小さい子どももリラックスして聴いていた。
様々な年齢層の人が参加していて良かった。
自然の音に癒された。
竹鈴づくりで、丸むすびができない子どもができるようになって嬉しい。
次回は駅前でするなどもう少し交通の便の良いところを希望する。
今日はとても楽しく過ごせた。有難う。
楽器づくりは大好きで、また是非参加したい。
作った楽器は夏休みの宿題に提出できてうれしい。
作った竹鈴を学校の研究課題に出す。

午前中からお昼を挟むので障がいのある子どもにとっては長時間すぎた。
スタッフの盛り上げかたがとても上手だと感じた。
作業所から参加した男性がとても喜んで楽しんでいた。
様々な活動がバランスよく配置されており良く考えられたプログラムだと思った。
歌声のつどいが楽しくてもっとやって欲しいと思った。
お昼を挟むので開始時間を午後からにすべきだと思った。
音楽つきの紙芝居だったので、お話の世界に深く引き込まれてドキドキワクワクと心楽しい時間だった。
大きな可愛い風船とつりゲームの景品(自動車)で、子どもが自宅に帰ってからも楽しく遊んでいた。
最後までいたかったが、子どもが太鼓の音に怖がって帰ると言った。残念だった。
楽器作りと午後からのイベントで、夏休みの1日を親子で楽しむことができた。このようなイベントはとても有りがたい。
s-音楽ワーク3

s-20120819213113(16)_20130301210500.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高橋正代

Author:高橋正代
NPO法人音楽サポートネット音結

音楽は、老若男女を問わず人の心や行動に影響をあたえます。
音結(おとゆい)は、そのような音楽の持つパワーにより、心身の健康の維持・向上を図ることを目的に音楽による支援活動を展開しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
ご来訪ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR